【土屋鞄のランドセル】新シリーズ「RECO」も

おすすめ
スポンサーリンク

品質も色も見た目も 本当に気に入ったものを6年間大切に使って欲しい そんな職人さんの思いに共感し購入したランドセル

毎日使うものだからこだわりたい。

土屋鞄製作所のランドセルは 土屋鞄製造所の職人が 一つひとつ丁寧に作っています

使いやすさ耐久性 見た目の美しさを大切に毎年少しずつ改良を重ね 

新しいシリーズも誕生! いろんな角度からの選択肢が広がりました

【土屋鞄のランドセル】使うほどに愛着のわく、シンプルな美しさを大切に
スポンサーリンク
スポンサーリンク

土屋鞄のランドセル、アピールポイントは?

土屋鞄のランドセルって?土屋鞄製作所さん教えて!

色選び

tamagosan
tamagosan

■新シリーズ「RECO」色選びは?

色選びの自由をもっと広げて、自分らしくいられる色と毎日を過ごしてほしい。 そんな思いから、性別の枠にとらわれない、モダンなベーシックカラーを目指してつくりました。 こどもたち一人ひとりの豊かな個性に寄り添えるよう、 背中にすっとなじんで、自分らしさを引き立ててくれる五つのカラーをそろえています。

丈夫なつくり

tamagosan
tamagosan

どれくらい丈夫なの?

・ミリ単位のズレが仕上がりに大きく響くため、職人一人ひとりが妥協せず丁寧につくり上げています。
・負担の掛かる部分を手縫いで補強したり、傷がつきやすい部分に受けのパーツを付けたりと、ひと手間を重ねています。
・6年間に使う回数や状況を想定しながら、屈曲試験や耐光試験、摩擦試験などのテストを重ねています。

品格のあるデザイン

tamagosan
tamagosan

どんなデザインにこだわってますか?

・背あてのパーツや肩ベルトの形状など、曲線をさまざまな場所に取り入れ、優美な印象をまとわせています。
・縫う場所によって糸の太さを変えたり、縫い目の幅を変えたりすることで 立体的な表情をつくり出しています。
・牛革、馬革、クラリーノ、ヌメ革。それぞれの革の特性を見極めながら、つくりや仕様を少しずつ変えています。
・「1年生の時も、6年生の時も似合う色」を大切に、時間をかけて色づくりをしています。
・革の色に合わせて糸の色も使い分けています。

背負いやすさ

tamagosan
tamagosan

やっぱり背負いやすさが一番気になる!

・背中にフィットする立ち上がり背カンと、走ってもずれにくいS字形の肩ベルトを採用。
 フィットすることで体に触れる面が大きくなるため、重さが分散されて快適な背負い心地に。
・背あて部分のクッション材には弾力性の違う二つのウレタンを使用。
 U字形のくぼみをつけて空気の通り道をつくり、熱をこもりにくくしています。
 肌に触れる背あてと肩ベルトには、通気性が良く、やわらかな天然皮革の牛革を使っています。

お客さまの声を取り入れて

tamagosan
tamagosan

先輩の声、何が採用されたのかしら?

・握りやすさ・耐久性に加え、凛とした佇まいのランドセルになじむオリジナルの持ち手をつけました。
・市販のA4フラットファイルがランドセルの内寸の一番高い位置にぴったり収まる高さと幅です。

スポンサーリンク

6年間使った感想!

参考までに、10数年前に購入した当時の土屋鞄のランドセル

さらにアップデートされていることは間違いありません

購入商品は「限定総牛革ローズつや消し・ボルサパステル

6年間しっかり背負わせていただきました

晴れの日も雨の日も風の日も 笑顔も泣き顔も全部知ってるランドセルです

親子共々思い出いっぱいのランドセル

6年使用して、こんな感じです

全く型崩れなし色褪せることもなく、勿体ないくらいにが出てます😊

お子様の通学のパートナーとしておすすめのランドセルのご紹介でした

【土屋鞄のランドセル】使うほどに愛着のわく、シンプルな美しさを大切に

コメント

タイトルとURLをコピーしました